バランス調整(7/1)

2019年7月4日

60式 ムート

ダメージ:-17%
射程:+10%(5→5.5)
攻撃速度:+17% (1.2sec→1.0sec)
シールドのヒットポイント:+1.5%

大砲

ダメージ:+32%
攻撃速度:-25%(0.8秒→1秒)

 変更理由
これまで大砲と60式 ムートは、よく似ていながらも対照的な特性を持つカードでしたが双方の射程、ダメージ、攻撃速度が同等になるとともに、それぞれの特性が強化されています。
ゴブリンを一撃で撃破できるようになったため、数で押すタイプのカードに対応しやすくなっています。

巨大雪玉

半径:3.0→2.5に縮小

 変更理由
巨大雪玉はここ何ヶ月にもわたって非常に勝率が高い状態であり、範囲が3.0もあったため適当に使っても大きな効果を発揮してしまうカードでした。
今回の範囲縮小によりプレイヤーの腕前が要求されるうになっています。

インフェルノタワー

稼働時間:-25%(40秒→30秒)

 変更理由
タンクを圧倒できる火力がありながら、稼働時間が長く相手の攻撃が終わった後も生き延びてしまっていました。
そこで今回はインフェルノタワーの威力を削ぐことなく、稼働時間だけを短縮しました。

ゴブリンの檻

稼働時間:+25%(15秒→20秒)
リベンジゴブリン:ダメージ +25%

 変更理由
当初のリベンジゴブリンは、他の4コス近接ユニットより弱く設定されていましたが、強化する必要が出てきました。
今回の調整によって毎秒のダメージがかなり上昇し、アーチャーを一撃で撃破できるようになり、他のユニットも一撃少ない回数で撃破できるようになっています。

ローリングバーバリアン

バグ修正:タルの攻撃半径を本来意図したものに修正

 変更理由
今後は攻撃範囲がアニメーションどおりのものになり、触れていないユニットには命中しなくなります。